• アラサーの古腐女子が奏でる雑記ブログだよ!

 

どんなに打ちのめされても

歌うことをやめたくなかった

 

 

概要

2007年、イギリスの人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で「誰も寝てはならぬ」を歌いあげて優勝し、一躍世界的歌手になったポール・ポッツの実話を、「プラダを着た悪魔」のデビッド・フランケル監督のメガホンで映画化。主演は「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」「人生は、時々晴れ」のジェームズ・コーデン。歌唱シーンの吹き替えはポール・ポッツ本人による。

2013年製作/103分/G/イギリス
原題:One Chance
配給:ギャガ

あらすじ

片田舎の恵まれない家庭に生まれ育ち、容姿も冴えず、内気な性格でいじめらればかりだったポール・ポッツ。携帯電話ショップで働く彼には、オペラ歌手になるという密かな夢があった。挫折を繰り返しながらも夢をあきらめないポールは、勇気を振り絞り、最後の望みをかけて人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出場する。地味な身なりで容姿もパッとしないポールに、会場の観客や審査員からも失笑がもれるが…。

映画.COMより

 

 

 

はい、この映画めっちゃ良かったです!!

ポールポッツさんは以前、というか多分デビューして間もない頃だと思うんですが、日本にも来てたことがあるんですかね…なんかの番組で歌ってるとこを観たんですが、もうほんとオペラを歌うために生まれてきたような歌声でした。

画面越しでもすげー!って思う位なので実際に聴いたら倍に感動しそう。

この映画観てて思ったんだけどほんとそこらのショップ定員してるような人ではない(笑)

子供の頃はその声の高さからいじめにあっていて、絶対声に凄いコンプレックスとかあったと思う。

私の学生時代にも声のめっちゃ高い男の子がいて、やっぱり声のことでいじめられたりしてました。

声なんて持って生まれたものだしどうすることもできないのに、その声を勝負に舞台に立ったポール・ポッツは本当に凄いし、運も良いと思う。

そう、ポール・ポッツの周りには結構いい環境が揃っていたんじゃないのかなと思いました。

携帯ショップのオーナーがとても友人想いの男性だし、ネットで知り合った女性がとても良い女性でポッツのオペラ歌手になりたい!という夢を応援してくれる。地元で歌う場所もなんやかんやあって、ネタみたいな恰好で登場するけど歌声が評価されて飲みの席の観客から絶賛されることも。

けど脇腹に傷が残るほどのいじめを受けていたのはつらかったと思う。

もうほんと、それさえなければなかなかいいんじゃないかと。あ、でも父親は厳格というか厳しい事を言う人だったか。

 

ポール・ポッツの彼女がとても良い

ネットで知り合ったジュルズ。レクサンドラ・ローチが演じる彼女がとてもいいんだ。

この映画の中でめちゃめちゃ癒しをくれる。こんな素敵な女性を逃しちゃだめだよポッツ!!

って始終思うんだけど、ポッツが留学に行くことが決まると途端に心配になる女性関係(笑)

だって海外ドラマとか映画って高確率で遠距離しだすと終わってしまうことが多いからさ…

案の定、留学先の学校で同じ課題を取り組むパートナーの女性となんだか良い感じになってしまって勢いでキスまでしちゃうんだけど、我に返って突き放すポッツ。よくぞ持ち直したぞポッツ!!(グッ!)

すぐさま彼女に会いたいと電話するとこが偉い。

 

けちょんけちょんに挫折

ヴェネツィアに留学した先、憧れのパヴァロッティに自信のなさを指摘され、まったく歌えず「君は一生歌手になるのは無理」と酷評されてしまう。

憧れの凄い人にそんな一生無理とか言われてしまったらほんとに自信喪失でまた人前で歌うというのが怖くなってしまうと思う。

そこで自信喪失して彼女とは連絡を取らないまま地元に帰り停滞ショップのオーナー(友人)に慰めてもらったり、本当にこの友人は良い奴だと思う。こういうとこは本当に恵まれてるなとおもう。たぶんポッツの人柄なんだろうなぁ。

そんで連絡とってなかった恋人とは別れるかもっていう寸前までくるんだけど、彼女の前で心を込めた歌を歌いゴールイン!!おめでとう!!(涙)

これは本当に良かった。ポッツには彼女しかいないよ…。

挫折してからも歌える機会があって、舞台に出る予定をしてたんだけど身体を悪くして舞台の途中で倒れてしまうんですよね、これ。

もう本当に残念でしょうがないのに復帰してさあ歌えるぞ!!ってなったらまたしても交通事故で入院からの自宅療養に…!!

本当に運が悪い。

やさぐれちゃうんだけど友人が昇進して携帯ショップのオーナーをやめることになったからポッツにオーナーになるように鍵を渡してくれるんですよね、本当に良い人。

それで携帯ショップのオーナーをしながら暮らすんだけど、ある日例のあの番組、人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」の募集がネットで行われてたんですが、ポッツがためらっていると妻になったジュルズにエンターキーをポチっと押してしまって申し込みしてしまうんですよね(笑)これ、ポッツの不意を突くとこが上手い!!(拍手)

ジュルズはポッツが携帯ショップしながらもずっと歌うのが好きなことを知っていたし、応援してたんですよね。本当に良い奥さんだよ…

そしてここからはもう、ポッツが歌い始めて皆が感嘆するんだよ…!!これはもう感動ですね、というかポッツの歌声をフルで聴いてみたくなる。

欲を言うなら最後の締めでポッツの歌流してほしかったなぁ~!!

 

この映画はとっても最後スカッとするし温かい気持ちにさせてくれる、しかもなんかもう自分も頑張ろう!っていう気持ちにさせてくれる。

後味の良い映画です。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です