• アラサーの古腐女子が奏でる雑記ブログだよ!

 

 

概要

2015年第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で同人誌「エソラゴト」が新人賞受賞。

2017年第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で同人誌「であいがしら」が審査員推薦作品選出。奇才ネルノダイスキ完全描きおろし長編漫画。

 

あらすじ

不動産屋を訪れた主人公。探している物件は、部屋数多め・静か・駅から徒歩30分以内。ごく普通の部屋を探しているはずが、紹介される物件はなぜだか奇妙なものばかり。一軒一軒めぐるたびに、前居住者の住居に対する奇天烈な発想に目を奪われ、思わず他の物件も見たくなる主人公、エスカレートしていく物件探し。果たして理想の物件に巡り合うことができるのか。数々の物件を内覧した主人公が出した決断はいかに!

Amazonより

 

猫ちゃん可愛いけど、

情報量凄い!

この本自体が芸術品

 

 

この漫画、コミックビームさんなんですってね(納得)

コミックビームさんと言えば、私の中ではしりあがり寿先生という

【斬新な漫画を描かれるている人が多い漫画雑誌】というイメージが強いんですよね。

最近では同雑誌の和山やま先生の漫画が面白くて好きです。

 

 

画像で分かるようにこの一見可愛い表紙のいえめぐりという漫画、

登場人物位は可愛くないとヤベー漫画です(笑)

深く考えないで読むのが良い。

 

 

 

 

とても細かく描き込まれてるので読むというより見るのが楽しい漫画。

いや~、価格1,000円でちょっとばかり高いけどお値段以上。

買って良かったです。

 

 

 

内容は、クロネコさんが家の物件を紹介してくれるんですがどこも変わった、いやぶっ飛んだ世界観の家ばかり。

カラーもあったりしてほんとボリューム十分な一冊です。

なんとなくカラーのページや話の進み方は絵本の『かいけつゾロリ』を思い出しました。

懐かしい感じの漫画かなぁ、好きな雰囲気です。

でも最後の物件はヤバかった(怖い意味で)

 

気になった方は是非て読んで見て下さい!!

 

因みに私がこの中で家を決めなければならなかったら一軒目が良いです(笑)

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です