• アラサーの古腐女子が奏でる雑記ブログだよ!

 

まるで

ホラーゲームしている様な

カメラワークに

怖さが増す…!

 

 

概要

コンジアム』(原題:곤지암)は、2018年制作の韓国のホラー映画。

2012年にCNNの「世界七大禁断の地」のひとつに選出された、“韓国最恐の心霊スポット”といわれる

京畿道広州市に実在するコンジアム精神病院跡を舞台にしたホラー映画。

今年3月に韓国で封切られた際、同日公開された『レディ・プレイヤー1』を抑えてその週の興行成績1位を獲得。

公開15日間で観客動員数256万員を突破し、『箪笥』に次ぐ韓国ホラー映画歴代2位を記録した。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より

あらすじ

YouTubeで恐怖動画を配信する人気チャンネル「ホラータイムズ」が一般参加者を募り、数々の都市伝説を生んだ心霊スポットであるコンジアム精神病院からのライブ中継を計画する。

主宰者ハジュンを隊長とする7人の男女は、いくつものカメラやドローン、電磁検出器といった機材を持ち込み、深夜0時に探索を開始。

ハジュンが仕掛けた演出も功を奏し、サイトへのアクセス数は順調に伸びていくが、次第にハジュンの想定を超えた怪現象が次々と起こり始める。

映画.COMより

 

 

この映画はネット配信だと

『Netflix』『U-NEXT』から視聴できるよ!

 

Netflix公式サイトはこちらNetflix

 

 

 

U-NEXT公式サイトはこちらU-NEXT<ユーネクスト>│映画・ドラマ・アニメのオンラインレンタル

 

 

ネット配信を観ている感じの怖さから…

はい、韓国ホラー恐ろしいですね!(笑)

勿論私はホラー好きだけど一人では観れないんでNetflixパーティーでチャットしながら観ました。

やー…これ、最初は撮影してるようなカメラワークなのでもしかしてずっとこれが続くんかな…(苦手)

と思って観てたら結局最後までそんな感じなんだけど、いやそれが気にならんくなるくらい怖さに引き込まれていく(笑)

カメラワークがホラーゲームやってる感じなんだけど、序盤暗いとこでなんか動いたり顔が出たりしてるんかも!って観てたらそんなことはなく…

これ一体いつ頃から怖くなるんだろうと思って観てたら中間らへんにきてようやく徐々にこの映画の怖さがわかってくる。

 

こういう場では絶対に一人になったらだめです

まさにそれ。

男4人、女3人で廃病院に撮影しに行くんだけど、女の人が動く人形だとか吊るしてある鈴が鳴ったり、腕やスカーフを引っ張られたりして恐ろしくなってしまい、パニックになって女2人で外へ逃げ出す(外にテント張っていて、隊長がマイクから指示を出している)んですが、

残って隊長の指示を遂行(YouTube生配信の為)しようと残る他のメンバーよりこの女性二人、ムン・イェウォン演じる(シャーロット役)が明らかに怖い体験してる(笑)

もう1一人の女性は一緒に逃げてるうちになんか身体を乗っ取られてしまっているのでその仲間を見たシャーロットの方が明らか怖い思いしてます。

しかもゾッとしたのは逃げても逃げても同じところをぐるぐるしてるみたいで、いっこうに隊長のいるテントまで辿り着かない上に廃病院で見た人形やカルテの燃えてゴミになっているものの数々が足元に広がっている…なにこれ怖い!!

そんで極めつけに裸みたいなクリーチャー系怖さを纏った当時の患者?が迫ってくるところはもう…もうね。

アジア圏のホラーはじわじわくるホラーが多いけど、欧米系のホラーは派手な自己主張激しめの霊が多いイメージなんですが、

韓国映画のホラーはそのどっちもを融合させてきてる感じが凄い怖いしレベルが高くなってきてると思う。

 

ゾッとしたシーン箇条書き

(順不同)

・とても不気味な廃病院(実際にある名所)

・降霊術をしてからの鈴が鳴るところ

・不気味な人形

・逃げても逃げられない辿り着けない

・汚いカルテや散乱したゴミ

・乗っ取り

・視線を逸らした瞬間襲ってくる裸クリーチャー(霊)

・隊長のテントが風で靡く、電気が消える

・最終的に誰も助からない

 

最終的には隊長すらも…

なかなか思い通りに動かない撮影班たちに痺れを切らして一人テントで指示を出していた隊長も現場に向かうんだけど、入って即行ひたりと背中にぶつかられる(笑)いや、でもあの演出は怖かったですよ…!!

そんでもって顔面血だらけで起きたら椅子に縛り付けられててジェットコースターされる。

いやもうみんなやめようって言ってたじゃん!だから言ったのに!!っていう、ね。

可哀想なんだけど、隊長がやられた時は何故だかスッキリしました。

中々に怖いホラー映画だったのでホラー好きな方は是非!!

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です