我々は推しに生かされている。

アラサー独身腐女子の徒然です。こんな人もいるんだなぁ…

『ドリフターズ』鹿児島県にて「しまづくめ企画」 原画展開催!!ヘルシングも!!

 

ドリフターズ

戦国島津ゆかりの地 

鹿児島県姶良市 

原画展開催!!!!

ヘルシング』の原画も見れるみたいですよ!!

 

 

 

 

f:id:sorabito02:20191002165108j:plain

 


ドリフターズ』(DRIFTERS)は、平野耕太による日本の漫画。

少年画報社の月刊漫画雑誌『ヤングキングアワーズ』にて2009年6月号

(4月30日発売)より連載中。
古今東西の英雄が、中世ファンタジー風の異世界に召喚されるアクション系歴史ファンタジー作品。

前作の『HELLSING』同様、陰影を強調した重厚な絵柄や独特の大仰な台詞回しが特徴。4巻までの累計発行部数は240万部。

 

Wikipediaより

 

《前期》
日時:2019.11.30(土)10:00~16:00
場所:加音ホール(鹿児島県姶良市加治木町木田5348-185)
料金:無料
※同日開催の島津義弘没後400年記念イベント「あいら義弘公フェスタ」の1プログラムとして実施されます。

《後期》
日時:2019.12.7(土)8(日)11:00~16:00
場所:姶良公民館(鹿児島県姶良市西餅田589)
料金:無料

 

sengoku-shimadzu.com

 

どうやら前期と後期に分けられていて二回開催してくれるみたいです。

でも前期と後期だと開催場所と時間帯が違うのでこれ気を付けて下さいね。

 

しかし!

嬉しいことに原画展は入場無料ってなっているので平野耕太先生の生原稿とかをタダで見れるということ!!なんて贅沢なんでしょう!!(歓喜

 

しかもしかも!!

嬉しいことにドリフターズだけじゃなくヘルシングの原画まで展示してくれるみたいです!!

 

そして!!!

本原画展オリジナルの「ドリフターズ」を立体化したジオラマフィギュアも展示!!

原型師・林浩紀氏

”豊久の狂奔”を圧倒的技術で表現してくださってるそうです!!これは見たい!!

え、これって撮影OKなんでしょうか。撮影可だったら嬉しいな。

 

更に!!!!

「鹿児島ゆかりの登場人物」として、島津豊久や菅野直といった人物のその生涯や、史実における活躍、作中描写との共通点などを専門家が解説します。

専門家が解説ときた!いやちょっと共通点とかを聴けるっていうのはファンにとってはとても嬉しい事なんじゃないだろうか。

 

締めは!!!!!

どうやら原画展を記念したファンイベントを開催してくれるそうです!!

これはまた日時や場所も違うし有料なんですが公式サイト様の方を見てみるととても楽しそうな内容になっています!

 

ドリフターズ

「第1回 漂流者廃棄物 史実ではどうだったのさ会議」

日時:2019.11.30(土)19:30~
場所:鹿児島市 天文館(未定)
料金:4,500円
定員:最大45名

 

sengoku-shimadzu.com

 

前期にしてもまだ先なので仕事のある方は今の内に休みの調整をしておくと良いかもしれませんね!