我々は推しに生かされている。

アラサー独身腐女子の徒然です。こんな人もいるんだなぁ…

『トールキン 旅の始まり』滑り込みで観てきました!!指輪ファンには堪らない要素満載です!!

 

ロード・オブ・ザ・リング指輪物語や『ホビット』の原作者J.R.R.トールキンの伝記映画が素晴らしい!! 

 

 

 

f:id:sorabito02:20190916203733j:plain

 

以前トールキンの映画については紹介させてもらったので何ぞや?

っていう方は過去記事を読んでもらえると嬉しいです

 

www.sorata.blog

 

観てきましたよ!!滑り込みで(笑)

凄くギリギリです。本当は大阪で観ようと思っていたんですが既にレイトショーしかやっておらず、レイトショーだと地方民は終電がなくなって帰れなくなってしまうの本当につらい。

で、上映する劇場を探して車で1時間ちょいの映画館が夕方16時から一日一回上映していることが分かった為、予定を捻じ込んで行ってきました!!

いや、本当に観れて良かった。映画館には私含めて三人という観客数でほぼ貸し切り状態でした(笑)

 

 

以下ネタバレ感想なのでDVDまで待つという方は自衛してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、感想としてはとても良かったです!!!

随所に散りばめられている指輪要素!!ほんと指輪世界の話が大好きなファンにとっては堪りませんねッ!!!!(感激)

トールキン第一次大戦に参加していたのも驚きでした。そうかあの時代か...(無知)

で、でだ!!サムの名前が出てくるとは思いませんでした。

もしかしなくてもサムの名前ってそこから来てるの!!?凄く感動です。フロドのサムが居なければ成し遂げられなかったって言う感じの言葉が指輪の映画で出てくるんですがまさに現実でもそうだったなんて。

ドラゴン(竜)の炎の恐ろしさはホビットの方で描かれていますがそれは戦時中の体験、火炎放射器のあれと似てるんですね。きっとそこから来てるっていう気付きがこの映画の中には沢山出てきてとても面白いし奥が深いです。

 

それから全体的に綺麗な物語ですね。凄く好きです。それぞれ芸術方面に興味のある若者が集ってお互いの作品を披露しあったり意見交換したり、時には困難にぶち当たっても仲間が力になってくれたり傍にいてくれたり。ほんとその友人同士の在り方さえも指輪のメリー・ピピン・フロド・サムのようで、私は始終感動ばかりでした。

トールキンの生涯の恩師となるライト教授は指輪物語でいうガンダルフみたいな存在だったのかなとか、子供の頃に育った田舎の風景。ホビット村にとても似ていると思ったのは私だけでは無い筈!

 

友人のジェフリーが実はトールキンの事好きだったんじゃ?っていう感想を書いている方が居まして、腐女子の私からしてみれば盲点でした。凄くイイ....(これだから腐女子は)

実際はどうだったのかはわかりませんがロマンがありますね!

 

映画の最後にトールキンが子供たちや奥さんに物語を語るっていうのも凄く好きです。

この映画、好きが詰まってます(笑)

DVDが発売になったらまた観直したいです!!

指輪好きさんは本当観て!!観たことない人も是非見て下さい!!(切実)

絶対観て損はない映画です。

 

www.foxmovies-jp.com