我々は推しに生かされている。

アラサー独身腐女子の徒然です。こんな人もいるんだなぁ…

『移動都市/モータル・エンジン』感想!!脚本にピーター・ジャクソン監督!!

 

 信念をもって闘う女性は格好良い!!

監督
クリスチャン・リヴァーズ

製作総指揮

ピーター・ジャクソン

 

 

 

f:id:sorabito02:20190816212336j:plain

 


『移動都市/モータル・エンジン』本編映像

 

あらすじ

イギリスの作家フィリップ・リーヴの小説「移動都市」を原作にしたSFファンタジー。人々が巨大な移動都市に暮らす世界を舞台に、ある目的のために移動都市に潜入した少女の戦いが描かれる。

ホビット』シリーズなどのピーター・ジャクソンが製作を務め、クリスチャン・リヴァーズがメガホンを取る。

主演は『殺意の誓約』などのヘラ・ヒルマー。

60分戦争と呼ばれる戦いから1,700年が経過した地球。人々は荒廃した大地をはうようにして進む巨大移動都市に暮らし、ほかの移動都市を取り込み資源を奪いながら生活していた。

そんな中、少女ヘスター(ヘラ・ヒルマー)は、ある目的を果たすために移動都市のロンドンへと潜入し、トム(ロバート・シーアン)という青年と出会う。

 

シネマトゥデイ より

 

 

この先は感想ネタバレ有りなのでそれでも大丈夫な方は最後までよろしくどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『移動都市/モータルエンジン』観ました!!

ピーター・ジャクソンさんが携わっていると知った時点で観たいと思っていたので、早速レンタル。

逆に言えば全然CMとかしていないし監督も知らないしでピーター・ジャクソンさんの名前が出ていなければ観なかったかもしれない(笑)

 

映画を観た全体的な感想は詰め込んだな、って感じがしました。小説を基にして製作されたみたいなんですが、展開がめまぐるしい(笑)

でも私はこの世界観とても好きですね、スチームパンクが好きな人は観ていて楽しい映画なんじゃないでしょうか。あとこの映画の戦闘シーンなんかはとても頑張っていて良かったです。

特に壁を壊す側のあの兵器!(語彙力…)

ストーリーが若干弱いと思いましたがほんと戦闘シーンはなかなか見応えがありました。あの兵器の威力が凄まじいのなんのって!一発でひとたまりも無いのに何発もって容赦ねぇな!!

でも展開が上手くいきすぎて…でもそうじゃないと尺ないだろうし、映画ってやっぱ壮大な話にするとどうしても一作で纏めるのは大変なんだろうなぁ。

 

それからあのロボット…なんというか私はジブリラピュタを思い出しました。最初ターミネーターじゃん、こいつ悪いやつやなって思ってたんですが違った…(泣)

なんて可哀想な…でも最後はあれで良かったのかもしれない。主人公の女の子が最後泣き笑いだけど笑顔を見せてあげたところが良かった。

そんで何やかんやあって最後!!!え、やっぱりラピュタじゃん!!!!!(笑)って。

製作陣絶対ラピュタ好きだな…!!

そういや冒頭でのミニオンには笑いました(笑)でも世界が崩壊した後ならミニオンもそうなるかもしれない。ミッキーとか。

 

最後の音楽なんかはピーター・ジャクソンっぽかったかな。音楽がなんかロード・オブザ・リングみたいな感じでした。ファンタジー音楽最高ですね!