我々は推しに生かされている。

アラサー独身腐女子の徒然です。こんな人もいるんだなぁ…

中国アニメ映画はここまできたか!!『羅小黒戦記』ロシャオヘイ戦記が凄い!! 

 

 

こんな映画やってるの

知らなかった

映画館へ行きたい!!

 

f:id:sorabito02:20200114090915p:plain

 

概要

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』は中国漫画家、アニメ監督のMTJJ及び寒木春華スタジオが原作としたアニメ作品です。

2011年3月17日から動画サイトで公開した後人気が上昇し続け、中国アニメを代表する作品まで成長しました。

 

あらすじ

妖精はただの伝説ものだと思われるが、本当はこの世界に実在するものだ。妖精はすべてが怖くて悪いものではない。人間の格好をして人間社会に溶け込むものもいれば、山の奥に隠して暮らすものもいる。
猫の妖精羅小黒(ロシャオヘイ)は、森で楽しい日々を過ごしていたが、人類の開拓により、森を追われ、あちこちを放浪し、暮らせる場所を探す旅に立った。
旅の途中で妖精と人間の仲間たちと出会う。そこで出会ったのは、同類のフーシー(風息)と人類のムゲン(無限)。小黒(シャオヘイ)は二人と一緒に、信頼・理解・責任を学んでいき、ムゲン(無限)と深い師弟関係を築いた。
果たして小黒(シャオヘイ)は、安心して暮らせる所を見つけられるのだろうか?

 

映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』

公式サイトより

 

 

www.youtube.com

 

 中国映画ナメてたら

あかんで.....!!!!

 

はい、私が完璧にナメてました(土下座)

この予告動画みたらやばくないですか?!

この戦闘シーンが観た人の感想と同じようにヤバいと感じます。

ある人はジブリもののけ姫とナルトの感じと言っていました。

どっちも動きが良いし内容が素晴らしいアニメじゃん!!

しかも登場人物イケメンか!!!(合掌)

中国にアニメ技術完璧に盗まれてるよ、って思いましたが日本は日本の発想力、中国は中国の発想力、国が違えばストーリーも違う、それぞれの良いところがあると思います。毛嫌いしないでまず観てみようと思える作品です。

 

 

映画館情報は公式サイトやTwitterの方で告知されてますが圧倒的に告知が足りてないと感じます。配給の問題なのか、とにかくもっとTVでCMとかしてくれたらもっと早く映画館に行けたのにと悔しいです。

結構小規模展開なので上映している映画館が少ないです。

なので期間も上映開始してから結構経ってますので観に行くなら上映している映画館を探してから行きましょう(笑)

 

【近日上映】
塚口サンサン劇場 1月24日(金)〜
宇都宮ヒカリ座 1月25日(土)〜
横浜シネマ・ジャック&ベティ 2月8日(土)〜
【ドリパス一回限定上映】
秋葉原UDXシアター 2月22日(土) 通常版
秋葉原UDXシアター 2月22日(土) 初期字幕版
TOHOシネマズ天神 2月22日(土)
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 2月23日(日)
TOHOシネマズなんば 2月24日(月)

日本全国で順次公開

 

順次公開ということは

まだ間に合う!!

この戦闘シーン、

この物語は是非映画館で観たいですね。