• アラサーの古腐女子が奏でる雑記ブログだよ!

 

 


f:id:sorabito02:20200728114349j:plain

 

概要

「ノーカントリー」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が製作・監督・脚本を手がけた西部劇アンソロジー。

「オー・ブラザー!」のティム・ブレイク・ネルソンが陽気な凄腕ガンマンを演じる表題作をはじめ、ブラックユーモアや皮肉を散りばめたバラエティ豊かな6話で構成。

キャストには「ディザスター・アーティスト」のジェームズ・フランコ、「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン、「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」のゾーイ・カザン、「セブン・サイコパス」のトム・ウェイツら豪華な顔ぶれがそろった。

2018年・第75回ベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞。
2018年製作/132分/アメリカ

 

映画.COMより

 

 



 

 

以下ネタバレ感想なので大丈夫!

という方はお付き合いください

 

 

 

 

 

6つの章から成り立つ

オムニバス映画の感想

 

このバスターのバラード、ブラックユーモアな話ばかりです(笑)

全体的に一話15分くらいの長さで短編映画なので観やすい。

 

1 バスターのバラード

2 アルゴドネス付近

3 食事券

4 金の谷

5 早とちりの娘

6 遺骸

 

私はこの映画をNetflixパーティー(チャットをしながら同時再生ができる)で友人と観たのですが、好みが別れる作品だなぁという感じ。

しかも観ていくうちにつれて今度はこの主人公はどんな悲惨な最期を迎えるんだ!?って思ってきます。そう主人公の殆どがこの映画死にます(笑)

 

私が個人的に好きな話は、バスターのバラード・食事券・金の谷の3つ。

早とちりの娘なんかは正直とても眠くなってしまい、それを引きずっての遺骸。

 

バスターのバラード

カウボーイのバスター・スクラッグスは白馬のダンに乗って旅をする。は最初普通に観てたんだけど最後の辺りになったら嘘でしょ?っていう草展開になるので友人と見ていて面白かったです。

 

食事券なんかはとても静かな話なんだけど、とても世界観というか雰囲気が好き。

老いた興行師と四肢が欠損した青年ハリソンはワゴンで旅興行をするっていう話なんだけど絵本とか童話を読んでるような感じがしました。

それでこれね、とても途中切ない感じになるんですけど最後よ、本当に切ない(語彙)

 

 

 

金の谷はこれ、私はこの映画の中でなら一番好きかもしれない話です。

だってこの話だけが唯一ハッピーエンド(?)な終わりをしてるんですよ!

言わばこの映画の希望(笑)

そして夢のある話でもある。

人里離れた山の奥。一人の老山師は砂金を掘る。

この人里離れた山の中、凄い綺麗なところなんですよ!!いったいそこはどこですかおじいさん!! こんな場所あったら本当に行ってみたい。

そんで砂金を頑張って何日もかけて掘ってるんですけど、今までの話からしてこの爺さんも何かしらで死んでしまうのかな~、砂金掘って大金持ちになって欲しいなっていつ何が起こるかハラハラして観てました(笑)

そしたら横取りしに来る奴がいるんだよ!!しかも銃で撃ちやがった!!

あ~….爺さんが死んでしまった。こんな悪党に今までの苦労を丸ごと取られて終わってしまうのか。って思いで観たたらなんと爺さん生きてた(良かった)

良かったよほんと良かった。したらこの爺さんなんと返り討ちにしちゃうんですよね。

流石砂金を何日も頑張って掘り続ける根性の持ち主!!

そんで爺さんは砂金をGETして帰るんです。

え、この映画の中の話にしてはとてもよくないか?

 

本当にこの映画短編集で観やすいので是非観て欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です