• Just another WordPress site

 

 

『もちぎさん』

形成される

までのものがたり

 

f:id:sorabito02:20200224215206j:plain

 

概要

定価:本体1,200円+税
発売日:2019年11月14日

Twitter フォロワー47万超え「ゲイ風俗のもちぎさん」のルーツが明らかに!
おせっかいでも、人の悩みを聞いて一緒に考え、腐らずに立ち向かってみる。
そんな〝もちぎ〟ができるまでを描いた初の自伝エッセイ。

 

あらすじ

「あたい、18歳。母ちゃんの人生から卒業」
父は自殺、母は毒親
苦しい家庭環境でも初恋の先生、腐女子の友達、ゲイの仲間、そして姉。
かけがえのない出会いと愛と優しさと勇気があたいを支えてくれた-。

あたいは、高校の卒業式を迎える少し前に、母ちゃんにゲイであることがバレたのをキッカケに、東京に出てゲイ風俗で働き、なんとか一人で生活し始めた。

それから大学に行って、卒業後は色んな経験を経てからゲイバーで働いた。
この本では、主に高校卒業の18歳の頃までのあたいが、それまでどう生き抜いてきたか、それを語らせてもらおうと思うわ。

 

目次
はじめに
14歳のあたいと、初恋の先生の話
16歳のあたいと、腐女子の友達との高校生活
16歳のあたいと、売春のきっかけ
17歳のあたいと、ゲイの友達ができた話
あたいと母ちゃん
(マンガ)母親と叔母(マンガ)テレビCMと洗脳(マンガ)子どもと呪い
あたいと姉ちゃん
(マンガ)ゴミ袋と姉ちゃん(マンガ)高校進学と姉ちゃん(マンガ)姉ちゃんと母親
あとがき

 

文藝春秋BOOKSより

 

もちぎさんの自伝エッセイ、今回の本は

『あたいと他の愛』。

もちぎさんの学生の頃からと家庭環境、一人で暮らすことになってどう生き抜いてきたか。

もう一言では言い表せられない濃い内容です。

こういう環境からよく腐らずもちぎさん頑張ったんだなぁと涙せずにはいられません。

そんでそんなもちぎさんの姿をみて自分も強く生きなくては….!

という活力も貰えます。

 

 

どんなか気になる!という方は

『pixivコミックス』さんの方で試し読みできます

 

comic.pixiv.net

 

もちぎさんの本は現在(2020.2月)では3冊でていますので他の本も気になる方は合わせて読んで欲しい作品です。

 

www.sorata.blog

www.sorata.blog

 

文藝春秋BOOKS公式サイトさんでも少しだけ立ち読みできるのですが、

目次であるように文と漫画で構成されている感じですね。

 

本当にもちぎさんの家庭環境の話はみていてつらい、泣けてくる話が多いんです。

親が毒親だと逃げ場がないですよ、それなのにどんな形であれ前を向いて自分らしさを

守ったもちぎさんを私は本当に尊敬する。

 

いや、もうほんと読んで見て!!

 

 

いろんなことで悩んでる人、疲れてる人に読んでもらいたい一冊です。

いつか実際のもちぎさんのバーに行ってみたいと思っているんですが(笑)

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です